2021年11月30日火曜日

Dahon Prest SL | ダホン プレスト SL 16インチ フロントホイール リビルド

リビルド後、ハブ両端面にシム追加

ベアリングを入替えてもハウジング側NGらしく、すぐにゴリゴリが再発した「Dahon Prest SL | ダホン プレスト SL」のフロントハブ。

結局、純正ハブを用いてラジアル組そのままでリビルドしました。フォーク内幅との隙間が広くてベアリング押さえが不均一なのが原因かと思い、ハブ両端面にシムを追加して遊びを調整しました。勿論、シムを入れすぎると爪当たりが不足しますので、ご注意を。

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月28日日曜日

2021/11/29(月)終日休業のお知らせ

直近の御連絡になりますが、店主出張の為、以下の通りに変更させて頂きます。

2021/11/29 (月)  終日休業

現在、店頭業務(接客&作業)で電話対応できないことが多々ございます。お手数ですが、お時間をずらして再度お電話頂ければ幸いです。同理由でメール返信も遅延気味ですが、予めご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月27日土曜日

MAVIC SSC / Special Service Des Courses に空目な Panaracer Paselaとブラックホイール 組み合わせ


これまで、何本もパナレーサー・パセラを取り付けてきました。大抵が使い込んだホイールでのリプレイスで気が付かなかったのですが、ブレーキ面のアルマイトが剥がれていない、新品オールブラック・ホイールと組み合わせると…。

なんということでしょう。黄&赤のサイドロゴ効果でベテラン自転車オジサンの鼻息が荒くなる高級ホイールの代名詞、「MAVICのSSC/=Special Service (Des) Courses」に空目な仕上がりに。

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月26日金曜日

センターキックスタンド 固定 インチねじ ユニファイ 並目 UNC3/8 と ウィットW3/8

W3/8
W3/8
W3/8
UNC3/8

最近では、台座が標準装備されるフレームが増えたこともあり、取付&交換のご依頼を多く頂く「センターキックスタンド」。

自転車の場合、ほとんどがメートルねじが使われていますが、センタースタンドは、インチねじの3/8(=三分/さんぶ)ボルトで固定されています。市販セットそのままで組込める場合は気遣い不要ですが、状況に応じてボルトカットや交換する際は、「ユニファイorウィット」の注意が必要です。

ちなみに、両規格は同ピッチで山角度が異なるだけなので、「UNC3/8穴」に「W3/8ボルト」は挿入できますが、掛かりが甘くNGです。経験的に、殆どのモデルは「ユニファイ並目/60°/平径14mm:UNC3/8」ですが、ヨーロッパブランドor製造品は、「ウィット/55°/平径17mm:W3/8」が採用されていることが多いです。

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月25日木曜日

Chris King × Mavic CXP33 | クリスキング × マヴィック CXP33 ホイール メンテナンス Panaracer Pasela Jacket | パナレーサー パセラ ジャケット

「Chris King × Mavic CXP33 | クリスキング × マヴィック CXP33」を組み合せた少し懐かしいホイールの振取/予圧調整/タチフ交換を承りました。

タイヤは、街乗り&ショートツーリング用途をお聞きして、耐候性も考慮してワイヤビード仕様のマラソン/パセラ/メトロ辺りを候補に挙げていましたが、ちょっと重すぎるかなと考え直して「Pasela Jacket|パセラ ジャケット」をセレクトさせて頂きました。

同社グラベルキングほどのキャッチーさはありませんが、マイル/耐パンク/重量が程よくバランスされているかなと。

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月24日水曜日

2021/11/24(水)終日休業のお知らせ

直近の御連絡になりますが、店主出張の為、以下の通りに変更させて頂きます。

2021/11/24 (水)  終日休業

現在、店頭業務(接客&作業)で電話対応できないことが多々ございます。お手数ですが、お時間をずらして再度お電話頂ければ幸いです。同理由でメール返信も遅延気味ですが、予めご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月23日火曜日

LEZYNE RATCHET KIT | レザイン ラチェット キット 携帯ツール バイクマルチ ツールセット 入荷

LEZYNE RATCHET KIT | レザイン ラチェット キット
価格:5940円→5050円(15%off現金特価、10%税込、店頭品のみ)
収納ソフトケース付属
ツール構成
使い方

自転車用の携帯ツール(=ハンディツール)は、折り畳み式のバタフライ型が一般的です。ただ構造上、普段使っている工具とは使用感に差異が生じます。旅先や出先で使用するツールにも使い勝手を求めたい貴方にお勧めするのが、「LEZYNE RATCHET KIT | レザイン ラチェット キット」。

レバー部は、クロムメッキ仕上げ。ビットは、スーパーハードCRV(クロームバナジウム)製。7サイズの六角ビット、3サイズのトルクスビット、プラスビット、マイナスビットが付属します。

仕様
  • 六角ビット: 2, 2.5, 3, 4, 5, 6, 8mm
  • トルクスビット(Star Shaped): T10, T25, T30
  • プラスビット(Phillips-Head) / マイナスビット(Flat Head)
  • 重量: 140g
LEZYNE RATCHET KIT | レザイン ラチェット キット
価格:5940円→5050円(15%off現金特価、10%税込、店頭品のみ)

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月22日月曜日

Cannondale SuperSix EVO Carbon Disc | キャノンデール スーパーシックスエボ カーボン 仕上がり32mm幅狙いでタイヤ交換

Before:旧ETRTO25Cで実測29mm幅
After:旧ETRTO28Cで実測30mm幅
Before:25cタイヤ重量
After:28cタイヤ重量
Before:ブチルチューブ重量
After:ラテックスチューブ重量

今どきなエアロロードの中でも、ボリュームのあるタイヤに懐が広い「Cannondale SuperSix EVO Carbon Disc | キャノンデール スーパーシックスエボ カーボン」。公式でもタイヤ幅30mmまでOKとなっています。

タイヤ交換時期に合わせて、ロングライド快適性&轍での操安性UPの相談を承りました。チューブレスレディ&幅広化で初案を頂いたのですが、オーナー様のユースケースをお聞きする限り、チューブドの方がマッチするとお伝えして店主オマカセで選定させて頂きました。

単純にタイヤを太くすると、重量と共にGD2が増えて漕ぎ出しや登坂時がシンドクなりますので、太めでそこそこ軽量タイヤ+ラテックスチューブを組み合わせて、重量を抑えながらしなやかなフィーリングを狙うことに。

a.タイヤ
標準状態は、19Cリムに旧ETRTO25Cタイヤの組合せ。径成長もあり実測29mm幅。先述した通り、クリアランスに余裕があるフレームなので仕上がり35mm幅ぐらいまでは装着できそうですが、リアセンター際まで攻めすぎるとエアを抜かないとリアホイールが外せなくなります。脱着機会も多いとのことなので、今回は径成長含め32mm狙いで選定することに。

欧米トレンドもあって、28~32Cサイズも徐々に選択肢が増えています。ただ、新旧ETRTO混在で仕上がり幅が異なるので注意が必要です。また、タイヤ幅だけに着目するとグラベル/ツーリング/街乗り用を想定したものが多く、300g前後/本とロード用としては重めで、乗り心地も硬めな傾向があります。

しなやかさを重視すると、例えばChallengeのオープンチューブラーは、シルキーな乗り心地ですがチューブ交換は慣れが必要です。Vittoria Corsaも上質な乗り味ですが、オープンサイドのカーカス(=ケース)は耐候性が低く、毎日トレーニングをするようなライダーでないとトレッド摩耗よりも早く交換に至ります。

また、重量を追求しすぎると飛び道具的になってトレッドやサイドウォールが薄く、パンクリスクや耐久性に難が出ます。今回は、取扱いに神経質にならない落としどころで、カタログ値205gのそこそこ軽量なMaxxis High Road 28C(旧ETRTO)を選択しました。

b.チューブ
ディスクブレーキでリム発熱が無いので、重量を抑えながらしなやかさを出すために「ラテックスチューブ」を組み合わせました。ただ、エア保持性が低いのがデメリットになります。エアリークをブチル並みに抑えて軽量にしたいなら、しなやかさは得られませんが「TUBOLITO | チューボリート」と言う選択もあります。

c.重量&幅比較
タイヤ+チューブで交換前:277+116=393g→交換後:214+62=276gと片輪117gの軽量化。交換直後のタイヤ幅実測は、29→30mmで1mmUP、径成長で最終的に31~32mm幅になる見込みです。

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月21日日曜日

BOMBTRACK MUNROE CARGO | ボムトラック マンローカーゴ 前後フルフェンダー追加 カーゴバイク カスタム


独ブランド・カーゴバイク「BOMBTRACK MUNROE CARGO | ボムトラック マンローカーゴ」のオーダー頂きました。ベース車の店主インプレッションは、コチラをご覧ください。

今回は、前後フルフェンダーを架装して納車させて頂きました。前後異径のファニースタイルさらにワイドタイヤゆえ、フェンダーは市販品ポン付けでは対応不可です

ベースバイク(SPEC詳細→公式WEBサイト
BOMBTRACK MUNROE CARGO | ボムトラック マンローカーゴ TEST RIDE
フレーム&フォーク素材:6061 アルミニウム
カラー:マットメタリックグリーン

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2021年11月20日土曜日

DAHON K3 | ダホン ケースリー 14インチ 折り畳み 軽量7.8kg 外装3段 シルバー×ブラック 2022 展示販売中

MY2021から、ヘッド部にソケット台座が新たに追加

 人気の14インチ折り畳み、Dahon/ダホンの「K3(ケースリー)」が入荷。MY2021から、ヘッド部にソケット台座が新たに追加されて拡張性も確保されました。DOVE UNOやDOVE PLUSの軽量モデルが気になるけど、シングルスピードは…と言う方にドンピシャな1台。そんなK3の特徴は…。

  • 超軽量の本体重量7.8kg
  • 専用フレームによるサイズ感以上の安定性
  • ビッグクランクがもたらす満足感ある走行性能
フレームデザインは、EEZZ(イージー)をコンサバにしたスタイルかと。前三角は「Deltec」ケーブルで補強。後三角は標準的なトラス構造を採用。塗分けされたグラフィックもスポーティな雰囲気に仕上がっています。

SCHWALBE BIG APPLE/シュワルベ ビッグアップル 14x2.00 (50-254)」で足回りをファット化するのも面白いかと。ただ、ノーマルタイヤでRDプーリーケージとサイドウォールの隙間は7mm程度なので、荷重つぶれ&径成長含め干渉は注意ください。

詳細スペックは、アキボウさんWEBサイトをご覧ください。

DAHON K3/ダホン ケースリー 2022
Transmission:3 Speed(F:53T /  R:9-13-17T)
Wheel size:14 inch
Weight:7.8kg(ペダル除く)
Folding size:W65xH59xD28cm
Color:シルバー×ブラック
完成車価格:98780円→完売

その他、当店の完成車&ホイールの在庫リストは、コチラをご覧ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。