2024年4月15日月曜日

Cannondale CAAD13 | キャノンデール キャード13 × Challenge PARIS-ROUBAIX | チャレンジ パリ - ルーべ オープンチューブラー × TPUチューブ BTP Reflective Bartape / GRX ST-RX610 ブラケットカバー 装着例

Cannondale CAAD13 × Challenge PARIS-ROUBAIX × BTP Reflective Bartape
当店試乗車の「Cannondale CAAD13 | キャノンデール キャード13」。気になっていた「バーテープ/ブラケットカバー/タイヤ」を実験的に取り付けてみました。
バーテープ:BTP Reflective Bartape カモ・パープルイエロー

最近トレンドのタッキー系とは真逆な、ツルっとした表層を持ったバーテープ。汗をかくシーズンでもベタ付かず不快になりにくいかと。リフレクティブ機能は、思いのほか反射してビックリしました。実際、夜間にクルマと並走すると車間距離を大きめに取って貰えるので、視認性UPの効果はありそうです。

裏地が3mm厚のEVAフォームなので、過度に滑りませんが、同じPU表層で滑りにくさを重要視されるなら、SYNTHETIC SYNT GLO DROPの方が無難かと。BTPでも高タックなモデルが展開されていますが、現状で他社品との違いを訴求するのは難しいかしら?とも。

ブラケットカバー(フード):GRX ST-RX610 (12s) ラインテクスチャー流用
STレバーは、シマノ105のST-R7020 (11s)ですが、ブラケットカバーをラインテクスチャー付きのGRX ST-RX610 (12s) 用へ交換。模様自体は、先出のST-RX810を踏襲しているので新鮮味は有りませんが、ST-RX600ユーザーもカバー交換時の選択肢になるかと。

Challenge PARIS-ROUBAIX | チャレンジ パリ - ルーべ オープンチューブラー
+ TPU チューブ

3.Challenge PARIS-ROUBAIX オープンチューブラー + TPU チューブ
最新のハイエンド・ロードバイクの足回りは、言わずもがな「ワイドリム+チューブレスレディ28~30C」。ただ、運用面も考慮すると、店主のような偶にしかロードバイクに乗らない方には不向きかとも。

チューブレスレディまでの運用コストは掛けられないけど、シルキーな乗り心地を求めるライダーには、当店では「コットンケーシング×オープンチューブラー×ラテックスチューブ」をお勧めしてます。ただ、これもケース耐久&エア保持の低さ、後述するタイヤ装着の難しさのハードルがあります。

それじゃ、もう一段楽な運用に寄せて「ワイドリム×ポリケースオープンチューブラー×TPUチューブ」を試してみようと、型落ちの「Challenge PARIS-ROUBAIX」を引っ張りだしてきました。ナイロンケーシングのVittoria CORSA N.EXTを先取りしたモデルとも言えます。

過去にroad.ccBikerumorでも取り上げられているこのタイヤ。当店でも、発売当初からCXバイクのターマック用途や、荒れた路面を含むロングライドにお勧めしてきました。

コットンに比べて耐候性に優れたポリエステルケーシングを採用しているものの、構造は変わらず「きし麺」状のオープンチューブラー。一度嵌めたビードが逃げないよう、結束バンド(インシュロック/タイバンド)等でビードを抑えながら、タイヤを装着する必要があって、万人にお勧めできるタイヤではありません。今回のような、ワイドリムと薄いTPUチューブと組み合わせると尚更です。

呼び寸法は、旧ETRTO基準の700×27cで、内幅22.5mmのワイドリムと組み合わせると実幅31mmに。エアボリュームとしなやかなケースの恩恵で、バルーンな身体に優しい乗り心地が得られます。

その一方、タイヤ重量が260g/本あるので、200g前後の軽量モデルから履き替えると、漕ぎ出しのモッサリ感は否めません。オープンチューブラーで重量を抑えるなら、耐パンク性に目をつぶってVELOFLEX Corsa RACE辺りが候補に挙がります。

長々とお付き合い頂きましたが、シーラント&タイヤインサートは煩わしいし、オープンチューブラーを装着するような職人芸は勘弁したい。一般的な加硫クリンチャー構造で、しなやかケースの太めで乗り心地が良くてソコソコな価格のモデルはないの?となると…。

最新モデルにも関わらず、SKU多すぎ&チューブド製品は注目されていない感の「Panaracer GRAVELKING R/パナレーサー グラベルキング R 700×28C」辺りが現実的な落とし処になるんじゃないかと思います。

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。 

2024年4月13日土曜日

Cannondale Topstone Carbon 3 L × Dixna Cross Bandy2 × BTP SYNTHETIC SYNT GLO DROP | キャノンデール トップストーン カーボン 3 L × ディズナ クロス バンディー2 × シンセティック グロードロップ バーテープ

Cannondale Topstone Carbon 3 L
× Dixna Cross Bandy2 × BTP SYNTHETIC SYNT GLO DROP
グラベルバイク
バーテープ:BTP SYNTHETIC SYNT GLO DROP
ハンドルバー:Dixna Cross Bandy2 / ディズナ クロス バンディー2
初代モデルから完成度が高く、Cycling weeklyでは10/10の満点を獲得した等、異色の出来とも言える「Cannondale Topstone Carbon |キャノンデール トップストーン カーボン」が第2世代/Gen.2へモデルチェンジ。傑作と謡われた前作の基本コンセプトをそのまま継続しながら、BB&ホイールで採用されていた独自規格の廃止等、改良が加えられています。

自転車テクノロジーを追いかけている者の多くが考える、グラベルロードバイクへのリアサスペンション搭載。同社は、「KINGPIN SUSPENSION|キングピンサスペンション」で答えた形。低重心に配置された最大30mmフレックスする超軽量サスペンションが、トラクションを高めて快適性を向上させます。

「Topstone Carbon 3 L」のコンポは、シマノ・GRXを搭載。クランクもGRXなので、変則的な調整が不要なのがグッドポイント。Smart Sense搭載でフロント&リアライトの電源管理が一元的に可能。対応するGARMINサイコンにも給電出来ます。

ワイヤルーティングはインターナル仕様ですが、フルアウターで交換作業が容易、ドロッパーポストにも対応してます。従来からCannonndaleは、斬新なアイデアをブッこんでくるメーカーですが、行過ぎ感があることも屡々。この「TOPSTONE CARBON」は、その辺のバランス取りを上手くまとめた一台です。

今回は、受注時にお乗りのバイクをトレースして、ポジションを再現しました。ハンドルを身体に合わせて幅狭なモデルへ。定番の「Dixna Cross Bandy2 | ディズナ クロス バンディー2」へ。

ショート・CNCステムは、オーナー様から支給。これに合わせて、コクピット周りを同色でまとめようと、バーテープを「BTP SYNTHETIC SYNT GLO DROP」の「グロー・ドロップ・シルバー」へ変更。シルバー地に、ブルー&ブラックをスプラッシュしたカラースキームですが、店主は「フジパン・銀チョコW」が脳裏に浮かびます。

ベースバイク(詳細SPEC→キャノンデール公式WEBサイト
Cannondale Topstone Carbon 3L | キャノンデール トップストーン カーボン 3L
カラー:Carbon CRB / カーボンブラック

※各パーツの詳細&セッティングに関するご質問は、当社ノウハウもございますのでご遠慮ください。

その他、当店の完成車&ホイールの在庫リストは、コチラをご覧ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2024年4月12日金曜日

2024/4/12 (金) 9時-16時 短縮営業となります

直近の御連絡になりますが、店主出張の為、以下の通りに変更させて頂きます。

2024/4/12 (金) 9:00~16:00 短縮営業(夕方4時までの営業)

店頭業務(接客&作業)で電話対応できないことが多々ございます。お手数ですが、お時間をずらして再度お電話頂ければ幸いです。同理由でメール返信も遅延気味ですが、予めご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2024年4月11日木曜日

Tern AMP F1 × Hydraulic disc brakes × Fenders | ターン アンプ F1 × 油圧ディスクブレーキ × フルフェンダー 泥除け ミニベロ BMX カスタム

Tern AMP F1 × Hydraulic disc brakes × Fenders
ターン アンプ F1 × 油圧ディスクブレーキ × フルフェンダー
ブレーキレバー:BL-MT201
ブレーキキャリパー:BR-MT200

「TERN AMP F1」は、逆スローピングのF1フレームとBMXスタイルを融合したモデル。メカニカルディスクブレーキ/406極太ブロックタイヤ/多段ギアの快適仕様。ハンドル位置は高めで、前傾姿勢に抵抗がある方にもマッチします。小径特有のクイックさも抑えられているので、女性ユーザーにも宜しいかと。

当店では、この「Tern AMP F1」をベースにドロップハンドル化やバスケット&ラック追加等のカスタマイズ要望にお応えしてきた実績が御座います。今回は、ご自身でカスタマイズもされるオーナー様から、メカニカル→油圧ディスクブレーキ化をご依頼頂きました。お話を伺うと、所有される他自転車で油圧ディスクブレーキを体感されたのがきっかけとのこと。

ただ、油圧化して制動力が増すと、クイックレバー固定の自転車はブレーキング時のハブ浮き現象が懸念されます。今回は、小径ホイールでモーメントが小さく問題ないだろうと判断して、仕事を進めることに。

エントリーレンジだと、制動力が高めなMT400キットも候補に挙がりますが、ミニベロゆえブレーキング・グリップ限界が低いこと。加えて日常用途ゆえ、ロータータッチのストレス回避を重視して、パッドクリアランスが広いMT200キットを選定。余談ですが、200系のレバー仕様は下記違いがあります。

BL-MT200:スチールレバー / 3フィンガー
BL-MT201:アルミレバー / 2.5フィンガー

ベースバイク(詳細SPEC→tern公式WEBサイト
TERN AMP F1 / ターン アンプF1
Speeds:8
Wheel Size:20″/406

※各パーツの詳細&セッティングに関するご質問は、当社ノウハウもございますのでご遠慮ください。

その他、当店の完成車&ホイールの在庫リストは、コチラをご覧ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2024年4月9日火曜日

Tern Verge N8 × Rapid Transit Rack M | ターン ヴァージュ N8 × ラピッド トランジット ラック M 取付

Tern Verge N8 × Rapid Transit Rack M
ターン ヴァージュ N8 × ラピッドトランジットラック M
ステー:余分カット&板金処理
フォールディング状態

鉄板フォールディングバイク「Tern Verge N8/ターン ヴァージュ」にお乗りのオーナー様から、「Rapid Transit Rack M/ラピッドトランジットラック M」の架装をご用命頂きました。

「RACK AND ROLL」のキャッチコピー通り、「リアキャリア+キャスター+輪行袋」を組み合わせたソリューションで、折りたたんで転がすことができる便利アイテム。ステー取付部は、毎度の板金処理。シュッとした見た目&パニアバッグを取付易いよう、余剰部分はカットして仕上げました。

※歩道段差から下りる際、ラック後端を引っかけないようご注意下さい。
※Verge N8・Link C8に取り付ける場合、リア側のマグネットを取外す必要あり。

車種別・対応モデル
Rapid Transit Rack M :VergeN8/Link D8/Link B8/Link A7
Rapid Transit Rack L :Verge X11/Verge P10/Verge D9

Tern Rapid Transit Rack M(SPEC詳細→メーカー公式サイト
天板:KLICKfix対応
耐荷重:25kg
価格:¥21,780(10%税込、工賃別途)

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

2024年4月8日月曜日

BTP Reflective Bartape | リフレクティブ NGUD ナイトガード デザイン バーテープ CAMO カモフラージュ カモ・グレー/カモ・パープルイエロー 入荷


BTP Reflective Bartape
リフレクティブ NGUD ナイトガード デザイン バーテープ CAMO カモフラージュ
※カモ・グレー/カモ・パープルイエローのみ入荷
価格:3520円→2990円/個(15%off現金特価、10%税込、店頭品のみ、工賃別途)


カモ・パープルイエロー / NGUD-CAMO-CRS-PUPYL
※エンボス処理なし
カモ・グレー / NGUD-CAMO-CRS-GY
※エンボス処理なし
BTP Reflective Bartape
カモ・パープルイエロー 施工例
エヴァンゲリオン初号機のカラースキームを上品にした感じ
リフレクティブ時
ドロップハンドルに巻くバーテープ。2017年以降、SUPACAZ等のバー端にグラデーションやラインアートが施されたモデルが人気を博し定番になりましたが、いささか飽食気味かと。

ちょっと変わり種が無いかしらと、「台北サイクルショー2024」のbtpブースにお邪魔してきました。思い起こせば、同社リブランディング時に良いんじゃないの?と紹介したこともございます。

そんなこんなで「BTP Reflective Bartape |リフレクティブ NGUD ナイトガード デザイン バーテープ CAMO カモフラージュ」を少量入荷しました。一見ありきたりなカモフラージュ柄に見えますが、夜間のライトに反射するリフレクティブ機能を兼ね備えたバーテープです。

ちなみに「カモ・パープルイエロー」は、エヴァンゲリオン初号機のカラースキームを上品にした感じ。巻き上げ施工時に反射材パウダーが浮きますが、すぐに落ち着きます

握り心地は、fizikのマイクロテックス・クラシックに近い感。表層は、サラッとしたPU(ポリウレタン)で、汚れがついても容易に拭き取れます。裏地がクッションに富んだEVAフォームなので、過度に滑ることもありません。ブルベや通勤通学で夜間走行される方にもピッタリかと。

BTP Reflective Bartape
リフレクティブ NGUD ナイトガード デザイン バーテープ CAMO カモフラージュ
サイズ: 厚さ3.0mm/幅30mm×長さ2200mm
付属品: エンドキャップ×2、仕上げテープ×2
素材:PU + EVA
カラー:カモ・グレー / カモ・パープルイエロー
価格:3520円→2990円/個(15%off現金特価、10%税込、店頭品のみ、工賃別途)

下記モデルも御座います。

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。 

2024年4月7日日曜日

DAHON K1 Steel Black | ダホン ケーワン スティールブラック 14インチ シングルスピード 軽量フォールディングバイク 折り畳み 展示販売中

DAHON K1 | ダホン ケーワン
カラー:Steel Black | スティールブラック
価格:88000円→77800円(12%off現金特価、10%税込、店頭品のみ)
ヘッド部にソケット台座を装備
センターキックスタンド台座

人気の14インチ折り畳み「K3」のシングルスピードモデル、「DAHON K1 | ダホン ケーワン」が入荷しました。シンプルな構成でタウンユースを想定したモデルです。都市部の平地を走るのに適したコンパクトコミューター。

フレームデザインは、K3同様にEEZZ(イージー)をコンサバにしたスタイル。前三角は「Deltec」ケーブルで補強。後三角は標準的なトラス構造を採用。塗分けされたグラフィックもスポーティな雰囲気に仕上がっています。

シンプルながら、ヘッド部にソケット台座を増備して拡張性は確保。バスケットやラック等のアクセサリが取付可能です。

軽量シングルスピードの代表格、「DOVE UNO」や「DOVE PLUS」と比較すると。「K1」は、前後トライアングルを有して捻じれ剛性が高く、ホイールベースもが長いので安定した走行が可能。その反面、車体重量は約1kg重くなります。

DOVE系は、チョイ乗りコンビニバイク的な立ち位置でしたが、K1はもう少しちゃんと走りたい方向けかと。レンジ的には、DOVE<K1<K3と言ったところ。

タイヤサイズは、「14×1.50」とK3よりも太く、トレッドも厚めです。また、「SCHWALBE BIG APPLE/シュワルベ ビッグアップル 14x2.00 (50-254)」で足回りをファット化するのも面白いかと。

DAHON K1/ダホン ケーワン(詳細SPEC→公式WEBサイト
Transmission:1 Speed(F42T/ R9T)
Wheel size:14 inch
Weight:7.8kg
Folding size:W65×H59×D27cm
Color:Steel Black | スティールブラック
価格:88000円→77800円(12%off現金特価、10%税込、店頭品のみ)

その他、当店の完成車&ホイールの在庫リストは、コチラをご覧ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。