2019年1月29日火曜日

2019/1/30(水)終日休業のお知らせ


直近の御連絡になりますが、店主出張の為、以下の通りに変更させて頂きます。

2019/1/30 (水)  終日休業

現在、店頭業務(接客&作業)で電話対応できないことが多々ございます。お手数ですが、お時間をずらして再度お電話頂ければ幸いです。同理由でメール返信も遅延気味ですが、予めご了承ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

Cannondale TOPSTONE 105 Graphite / キャノンデール トップストーン 105 グラファイト Sサイズ 2019 グラベル オールロード 展示販売中





































MY2018までCannondaleのダート寄りグラベル/オールロードモデルは、LEFTYフロントサスペンション搭載で尖ったSLATEのみだったのですが、もう少し現実的なコンサバ仕様で登場したのが新モデル「TOPSTONE/トップストーン」。

BB周りのフレーム形状をみると、シナプスに通じるものもあるので、SLATEとSYNAPSEを足して割ったようなバイクとも言えます。アルミフレームなので、ダート走行時の飛び石もカーボンより気を使わずガシガシ走れます。

TOPSTONEは、搭載コンポーネントで3モデルありますが、フレームは共通。コチラは、Graphite/グロッシーなブラックカラーを纏った真中っ子の「105」モデル。油圧ディスクブレーキ+前後スルーアクスル、フルカーボンフォーク搭載、インターナルのドロッパーシート対応とツボを抑えた競争力を持っています。

フロントW仕様なので、舗装路のアプローチも快適に走れますし、高速仕様にしたい場合も大きめなチェーンリングが入るクリアランスも確保されています。

トップチューブ&ダウンチューブ裏含め多くのケージ台座も装備。フェンダー(=ドロヨケ)やリアキャリア追加も対応。最後発モデルらしく、最新トレンドを全て組み込んだ抜かりない仕様。

キャノンデール本社近くにあるお気に入りのオフロードループにちなんで名付けられた「TOPSTONE/トップストーン」。マルチパーパスでクロスバイクよりも遊べる通勤用、グラベル&ツーリング用のセカンドバイク等をお探しの方にはピッタリの一台です。

当店でおススメしているグラベル/オールロードの住み分けは…。
Cannondale TOPSTONE:ロードバイク寄りの軽快感
JAMIS RENEGADE:積載時の安定したハンドリング、ソフトな乗り心地

SPEC詳細は、下記WEBサイトをご覧ください。

Cannondale TOPSTONE 105  / キャノンデール トップストーン 105 2019
カラー:Graphite/グラファイト
サイズ:S/458mm(適応身長164-176cm、T-T水平換算544mm)
価格:205200円→完売
※ペダルは付属しません

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。

Cannondale SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE BLK / キャノンデール シナプス ハイモッド ディスク デュラエース R9100 48サイズ 2018 ブラック 36%off 特価SALE 451800円 店頭品1台限り







































店主が今よりもう少しロードバイクにちゃんと乗っていた頃、カーボンバイクで印象深いモデルを3台挙げるとすれば、「LOOK 585」、「TIME VXRS」、そして「Cannondale SYNAPSE」になります。

「Cannondale SYNAPSE」は、一言で表すと「スルメ」のような自転車です。短い時間での試乗だと、その良さが捉えにくいのですが、普段は自転車に乗っていなくて休日だけ100km超をいきなり走るようシチュエーションだと、後半の疲労感がグッと抑えられるのが分かります。正直、レースバイクSUPERSIX EVOのような鋭い切れ味はないですが、漕ぐと漕いだだけ味が出てくるような…。

ロードバイクを購入しても、殆どのライダーが休日の「グランフォンド/ロングライド/ツーリング」が主用途になると思います。そんな貴方におススメなのが、この「Cannondale SYNAPSE/キャノンデール シナプス」。現代版スポルティーフとも呼べる一台です。

SYNAPSEは、他社バイクにあるようなサスペンションやピポットを有するギミックではなく、フレームに採用されたSAVEマイクロサスペンションで衝撃や振動を取除きます。しなやかなフレームとスルーアクスルの組合せは相性が良くて、快適性と推進性が上手くバランスされています。

油圧ディスクブレーキ装備でタイヤ幅の選択も広く、フェンダー(=ドロヨケ)取付け可能で多用途で楽しめます。「エンデュランスマシン・SYNAPSE」、如何でしょうか?。

コンポーネントは、R9100 DURA-ACEがメインアセンブリ。ハンドルやシートポストは、カーボン製。ホイールも「HollowGram  Carbon Clincher Disc/tubeless compatible」と軽量仕様で、後で不満がでない構成。

MY2018ですが、702000円→451800円(36%off)の特価でご提供します。MY2019と異なるのは、フレームカラーとディスクローターぐらいなので、非常にお買い得です。

詳細スペックは、公式WEBサイトをご覧ください。設計思想等の詳細は、シクロワイアードWEBサイトをご覧ください。

Cannondale SYNAPSE HI-MOD DISC DURA-ACE
キャノンデール シナプス ハイモッド ディスク デュラエース
カラー:BLK/ブラック
サイズ:48(適応身長158-170cm、T-T水平換算517mm)
価格:702000円→451800円(36%off現金特価、8%税込、店頭品1台のみ)
※ペダルは付属しません

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。