2016年10月29日土曜日

DT Swiss RWS Steel MTB Skewer /DTスイス RWSホィールスキュワー スチールシャフト 100 / 135mm 入荷 QR仕様ディスクロードにおススメ




クイックレバー&ディスクブレーキ仕様のロードバイクで、歩道から車道へ15cmほどドロップオフすると発生した「パッカーン」音。当初は、ヘッドセットの予圧不足かしら?とも思いましたが、その後に発生する「シャリンシャリン」のロータータッチ音から、ハブがズレることが判明。「パッカーン」がローター&キャリパ / ハブ軸&エンド内の干渉なのかは依然不明ですが・・・。

MTBディスクブレーキでは、気にならなかったこの現象。推測するにMY2015~で広がった「爪の開口部が前側にあるフロントフォーク」が主因かと。この爪形状、ローターをパッドが挟んでもハブ軸が浮かない&ホイール脱着容易のメリットがあるのですが、衝撃荷重が加わったときにハブ軸が浮きやすいのではないかと。

もし、運よく「Novatec 4in1」ハブユーザーなら、F9&R10でQRスルー化が得策ですが、それは稀。解決策としては、とにかく、この「DT Swiss RWS ホィールスキュワー」採用をおススメします。

ハブベアリングの適正予圧のことなど微塵も考えず、とにかく思いっきり締めると解決します。グラベルでの大きなアクションまでカバー出来るかは不明ですが・・・。

機械設計や設備改善をやっている方だとお馴染みの「NBK(鍋屋バイテック)クランプレバー」と同機構をホイール固定に持ち込んだ「DT Swiss RWS ホィールスキュワー」。GIANTからも同じ機構のスキュワーが販売されています。

製品名には、MTB用とうたわれていますが、2015以降のディスクロードで主流のリアOLD 135mmには、コレしか選択肢がありません。クイック仕様のグラベルディスクロード、シクロクロス、MTBユーザーなら一度使う価値ありのアイテムです。

特徴
RWSは通常のクイックリリースと比較して最大で50%も高い締め付けトルクをもたらします。これにより安全性が高まるだけでなく、ホイールとフレーム/フォークとの連結がより強固なものとなり、バイク全体として の剛性を向上させる機能を果たします。

・通常のクイックリリースと比較して最大で50%高い締め付けトルク
・締め付けトルクを保持する部分は全て金属製で熱に対し高耐性
・マルチポジションレバー

DT Swiss RWS Steel MTB Skewer /DTスイス RWSホィールスキュワー
スチールシャフト
対応エンド幅: 100mm、135mm
価格: 5184円→今回入荷分、完売しました。
※前後各1個の価格です。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。