2018年10月13日土曜日

CARACLE-COZ rev.0 基本モデル 5800系105 カラクル コージー カーボン 折畳み ロードタイプ 20インチ 451 日泉ケーブル/チタンブースタープレート/FD-R7000 カスタム 展示販売中















「超軽量+フォールディング+ロードタイプ」と分かりやすいキャッチの「CARACLE-COZ 」。軽量化のためにフレーム素材はカーボンを採用。大径化した前三角とストレートフォークの走りそうなシルエット。ワイヤはフレーム内蔵、スッキリした外観。

足周りは、20インチWO(ETRTO 451)と軽量ホイールの組合せ。フレーム分割は、ワンタッチ着脱システム「Quick-it」で、路面の突上げを吸収するエラストマー式サスペンション機能も備えています。詳しくは、テックワンさんのWEBサイトをご覧ください。

お蔭さまでデリバリー直後から当店でも販売させて頂き、組立整備時に気が付いた改良希望をメーカーさんにフィードバックして応えてもらっています。ただ、コスト増につながるところは難しいのも事実。

今回は、その辺りをファインチューニングした店頭展示販売車をご用意しました。ノーマル車体から大きく手を加えたのは、リアブレーキとFD周りになります。

1.リアブレーキ
ノーマル仕様だと、ワイヤにルブ施工してもレバー引きの重さと引っ掛かり感が残ります。流通性から言えば、シマノ・DURA-ACEグレードのポリマーコートへの交換が候補に上がりますが、折畳み&ワイヤ内蔵の性格上、しなやかなものが好ましいかと。

今回は、日泉ケーブル「SP31スペシャルステンレスインナー」&「PEライナー入ステンレスアウター」へ換装、同社推奨のルブで仕上げています。チタンブースタープレートも追加して、ブレーキフィールは劇的に改善してます。

2.フロントディレイラー
フルアウターケーブルでダイレクトルーティングができる「FD-R7000」に変更。折畳⇔展開によるワイヤの弛張の影響を受けにくくなります。また、ケーブル出口穴の下2つをRD/リアブレーキに割りつけても、アールを大きく確保できるメリットがあります。更に台座にズレ防止対策も施しています。

あとで手を加えると、手間が掛かるところを予めファインチューニングした当店オリジナルの「CARACLE-COZ rev.0 5800系105完成車」を店頭販売中です。ちなみにこの車体、「折畳み/ワイヤフル内蔵/BB下DMブレーキ」の三重苦で組立整備が一般的なロードバイクの2~3倍の工数を要します(笑)。

※取付&加工法や使用パーツ等のご質問は、当店ノウハウのため、お応えしかねますことをご了承ください。

ベース車(スペック詳細は、メーカーWEBサイト
CARACLE-COZ rev.0 カラクル コージー 基本モデル 5800系105
ホイールサイズ:20インチWO(ETRTO 451)
重量:7.6kg(カタログ値)
価格:\230,040(8%税込)

主な変更・追加パーツ
  • 日泉SP31スペシャルステンレスインナー&PEライナー入ステンレスアウター(リアブレーキのみ):2376円(8%税込)
  • チタンブースタープレート(リアブレーキのみ):2160円(8%税込)
  • FD-R7000:4257円(8%税込)

CARACLE-COZ rev.0 基本モデル 5800系105 カスタム
店頭価格:238833円→214800円(10%off現金特価、8%税込、店頭品1台のみ)
※カスタム工賃、無料サービス

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。