2019年10月26日土曜日

Cannondale CAAD13 DISC MANTIS | キャノンデール キャード13 ディスク マンティス 48サイズ 2020モデル アルミロード 展示販売中

































MY2020に多くの新モデルを投入したCannondaleですが、ディーラー向け試乗会を経て店主が特に惹かれたのが「TOPSTONE CARBON」とこの「CAAD13」です。

特にCAAD13は、アルミ・ロードバイクとして新たなレベルへ上がった感。28cタイヤを装備していることもあり、乗り心地が非常にマイルドで荒れた路面でもトラクションが掛けやすい味付け。ねじれ剛性は維持しながら、シートチューブの垂直方向をたわみ易くした統合的なデザインが機能していることが実感できます。ちなみに、シートチューブの垂直方向たわみ易さは、エンデュランスロードのシナプス同等に設計されています。

エントリー~ミドルレーシングバイクとしては勿論、フルフェンダーが取付けられるアイレットも備えていて、高速ツーリング/ブルべや通勤用としてもご活用頂けます。

脱線しますが、店主や同じような感性を持った同業者の方がMY2020でビビビと来たのが、「ALL-CITY ZIG ZAG」です。特にフルフェンダーを装備して、日常のなかでヒョイっとライドする動画は、店主が思い描くサイクルライフを表しています。ただ、105完成車で40万円弱なので、おいそれとはいかない価格がネックです。

そこで話をCAAD13に戻すと、グラフィックやフレーム素材は違いますが、ZIGZAGの半額程度で現代版スポルティーフにも使えるところが、店主一番の推しポイントです。但し、440/480サイズはシートステー上部のフェンダーブリッジアイレットがないので、フルフェンダー取付は一工夫が必要です。

前作CAAD10~12は、軽い乗り心地は気持ちよかったのですが、フォークオフセット等ジオメトリやワイヤルーティングにう~んといったところがあって、当店では積極的にお勧めしてきませんでした。また、CAAD12にはディスクブレーキ仕様もあったのですが、規格や設計面で中途半端感が否めませんでしたし。その辺りも新作CAAD13では、しっかり改善されて作りこまれています。

詳細SPEC等は、下記をご覧ください。

Cannondale CAAD13 DISC  | キャノンデール キャード13 ディスク 2020
カラー:MANTIS/マンティス
サイズ:48(C-T442、適応身長157-171cm、T-T水平換算520mm)
価格:231000円→196800円(15%off現金特価、10%税込、店頭品1台のみ)

その他、当店の完成車&ホイールの在庫リストは、コチラをご覧ください。

お問合せは、info@avelotokyo.com または、070-5075-8192 まで。